本文へジャンプ
学者村 景観を考える会
所在地
長野県小県郡長和町 長和町直営 学者村別荘地
  ◇ 学者村 景観を考える会 事務局 (学者村 1期 C50 葉山)
    電話 050-3583-6619    メール arsidean@kokuyou.ne.jp
会 則
1 会の名前
 この会の名称は「学者村 景観を考える会」とします。
2 会の目的と性格
@ 学者村別荘地の景観を維持し荒廃を防ぐため、環境の整備について住民、所有者、管理者、行政に対し問題を提言し、対応策の実施に際しては積極的に協力します。
A 上記@の活動により、各人が学者村での別荘ライフ・永住ライフを持続的に楽しめるようにすることを目的とします。
B 本会は任意団体です。
3 会 員
@ 学者村に所有地、借地を持つすべての人とその家族、別荘地の管理者、地権者が会員となる資格を持ちます。
A 上記@の資格を持ち、本会の趣旨に賛同し、事務局に入会の意思表示をした個人及び団体を「会員」とします。
B 入会や退会は各人の自由意志によります。事務局へ何らかの意思表示をすることでいつでも入退会できます。
4 会費と活動費用
@ 会費は徴収しません。
A 活動費用は、会の趣旨に賛同した個人及び団体からの寄附を基本とします。
B 活動や行事の種類によっては、参加費もしくは材料費等を徴収することができます。
C 参加費等の金額は、個別の行事ごとに適切と思われる金額を事務局が提案し、例会が承認して決めます。
5 会の役職と所在地
@ 本会には会長 1名、事務局員複数名を置きます。
A 会長は対外的に本会を代表します。事務局員は会長を補佐し、時には代行し、主として会の実務を分担します。
B 会長と事務局員の任期は 1年としますが、再任も可能です。
C 会長と事務局員は会員の互選によって選びます。
D 会の所在地は会長または事務局員の住所とします。
E 役職等は年度始めの例会で決めます。
6 例 会
@ 本会の意思決定は「例会」での話し合いによります。
A 例会は年 3回以上開催し、その招集は会長または会員有志が発議し、事務局が呼びかけを行ないます。
B 事務局は例会の議事録を作成します。議事録は主な内容の箇条書きメモ程度でも可とします。
C 例会には、会員以外の方も自由に出席して発言できます。
D 議決権は会員だけが持ちます。
7 会 計
@ 本会には事務局員の中に会計係 1名を置き、年に最低 1回の会計報告をウェブサイト上で公開し、例会で報告します。
A 会計係は会の現金及び預金口座を管理します。
B 会や行事の運営についての必要な経費は、実費精算を基本とします。
C 実費精算が馴染まない経費に関しては、例会で金額を定めて支出します。
D 会長と事務局(員)の活動費用については例会において年間予算を定め、原則としてその範囲内で適宜清算します。
8 運営の基本
@ 本会の行事、会合などはすべて会員の自由意志に基づく参加によって行なわれるべきものとします。
A すべての役職は無報酬とします。
B 本会に関連するすべての問題、懸案は会員の話し合いによって民主的、紳士的に決することを基本とし、例会がその任に当たります。
9 付 則
@ この会則は2014年12月1日より有効となります。